第4回「2050カーボンニュートラル連続セミナー」開催のお知らせ

「地域からの発信/意欲的な取組や事例を通じて」
8/12(木)18時〜20時
210812-the4th_seminar_guide.jpg

第4回は、竹内昌義氏、新井優氏に講師をお願いし、長野県の事例をはじめ地域における取組みをテーマにしております。
支部会員の方々(正会員、準会員、協力会員)へ、支部HPの掲載やメール配信等でのご周知、よろしくお願い申し上げます。

開催案内、申込フォームは以下のURLからお願いします。
http://www.jia.or.jp/resources/news/001/316/0001316/qyqumYUk.pdf

**********************連続セミナーの開催経過と今後の予定 **************************

第1回 前真之氏 
【未来に向けて】
2050カーボンニュートラルに対して現状総括→問題提起→大前提としての対策提示

第2回 山田貴宏氏
【多様な方法で解決できないか】
大前提に対しての疑問→伝統工法を基にする多様性→独自の解決策の模索、生活スタイル

第3回 諸富徹氏
【京都から学ぶ】
景観や建築から異論のあるPV→環境経済学からみたPVの有意性、優位性→建築的解決の模索

第4回 竹内昌義氏、新井優氏
【地域の取組み】
環境問題は地域毎の丁寧な対策が必要→意欲的な地域の取組みと事例を通しての全国への発信

第5回 伊礼智氏 ※
【住宅設計での洗練】
意匠設計と高性能→住宅施工者との協働と標準化による環境対策技術の洗練、バランス良く

第6回 田辺新一氏
【総括】
カーボンニュートラルに必要とされる建築分野の対応/エネルギー基本計画(素案)、
「脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策等のあり方検討会」等を踏まえて。

210730-建設通信新聞記事-JIA六鹿会長_脱酸素(PDFファイルへリンク)

「優秀建築選2021」募集のお知らせ

JIA本部よりお知らせ「優秀建築選2021募集」のお知らせです。

詳細は下記をご参照ください。
http://www.jia.or.jp/news/detail.html?id=1314

「2021年度JIA新人賞:募集開始」のお知らせ

JIA本部より「2021年度JIA新人賞:募集開始」のお知らせです。

詳細は下記をご参照ください。
http://www.jia.or.jp/news/detail.html?id=1311

国交省住宅局から「自動ドアの安全対策」についてお知らせ

国交省住宅局から、「自動ドアの安全対策」について、添付書類とともに、以下の事務連絡が送られてきました。

【事務連絡】自動ドアによる事故防止対策について(日本建築家協会).pdf

【参考】 自動ドアによる事故(概要版).pdf

「2050カーボンニュートラル連続セミナー」のお知らせ

JIA本部より「2050カーボンニュートラル連続セミナー」のお知らせ周知依頼です。

支部長各位
支部事務局員各位

日頃、JIA活動へご尽力いただき、ありがとうございます。

ご存じのように、2050年CO2排出量実質ゼロを昨年末に政府が目標として掲げて以来、各分野の動きが急になっています。
JIAも、カーボンニュートラルに向けた実践について、会員の皆様の総力を結集して取り組みたいと考えております。

添付の開催案内のように、第一回目のセミナーを7月8日(木)18時から、オンライン方式で開催する予定です。
支部におかれましては、支部会員の方々(正会員、準会員、協力会員)に、メール等でご周知いただきたいと存じます。
なお、ご案内は、申込入力フォームを含め、本部ホームページのトップにも掲載しています。

告知ページ
http://www.jia.or.jp/news/detail.html?id=1296
チラシダウンロード
http://www.jia.or.jp/top/2021/carbon.pdf
参加申し込み
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScaZOckWyPz4nJKu04g_u06akt6XdO0auvsXyKEQ1a1jpENSg/viewform?usp=sf_link

【開催に当たっての開催案内:六鹿会長の冒頭あいさつ】
"2050年カーボンニュートラル実現へ建築家がやるべきことは何か"
2050年CO2排出量実質ゼロを昨年末に政府が目標として掲げて以来、各分野の動きが急になっています。その実現のためにJIAの建築家が率先してやるべきことは何なのか。今こそ、環境の形成や持続可能性に関わる専門家として、共に考え、共に答えを出そうではありませんか。
「JIA-SDGs建築フォーラム」に引き続いて、この夏を「2050年カーボンニュートラル」に向けた実践について、JIA会員の皆様の総力を結集し、集中的に考える期間にしましょう。

公益社団法人 日本建築家協会
専務理事 筒井 信也

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11